2016年09月 - ケイズ・クリーン・サービスのブログ

ケイズ・クリーン・サービス
ハウスクリーニング・エアコンクリーニング
2016年09月27日 [ハウスクリーニング]
分解を伴うクリーニングといえば、エアコンやレンジフードが真っ先に思い浮かぶことと思いますが、洗濯機も分解クリーニングが可能なんです。
分解などしなくても、最近では市販で洗濯槽のつけ置き洗剤の類が売られていますが、軽度の汚れであれば市販のもので充分に対応可能です。
しかしながら何年もの間、フル稼働された洗濯槽は底面(裏側)にある無数のへこみに付着した、粘着質の汚れは残念ながら完全には取れません。。
確かに洗濯槽の側面の汚れは取れますが、底面の汚れは逆に中途半端に緩くなり、洗濯をする度に少しずつ剥がれ、洗濯物に黒いカスのようなものが付いてしまう結果にもなりかねません。。
当店に洗濯槽クリーニングをご依頼されてくる半数以上のお客様がこのような状況の方です。
お電話を頂いて、すぐに施工させて頂ければ良いのですが、数日後もしくはそれ以上の日数お待たせしてしまう可能性もございます。。
その間、お洗濯することもままならず、特に小さいお子様のいらっしゃるご家庭や、ご家族の多いご家庭のお客様は大変ご不便なことと察します。
そうなる前に是非、洗濯槽クリーニングをご検討頂ければと思います。
毎日洗濯されるご家庭で4〜5年ご使用されているようでしたら、クリーニング時期かと思われますのでご検討下さい。
当店では10月末まで「分解モノクリーニング」のキャンペーン中です!
料金的にもお得なこの機会をお見逃しなく!!

2016年09月24日 [ハウスクリーニング]
フローリング床の日常のお手入れ方法のご紹介です。
日常のお手入れは乾いたモップや雑巾の乾拭きで充分ですが、最近では化学モップなるものが売られています。
化学モップをご使用になられる場合はドライタイプをお選びください。
ただし長時間化学モップをフローリンング上に放置されると変色の原因になるので御注意下さい!
乾拭きで落ちない汚れは堅絞りした雑巾で拭くと良いでしょう。
洗剤を使われる場合は中性洗剤を使用し、洗剤残りがないように必ず洗剤成分をふき取ってください。
そして使用厳禁なのがスチーマーです!
テレビショッピング等で一時もてはやされていたようですが、ワックスが剥がれてしまうのはもちろんのこと、フローリング床自体へのダメージも大変大きく、床が反ってしまったり変色したりしてしまいます。
一般家庭用(土足には対応できないフローリング床)のフローリング床にはスチーマーの使用は厳禁です。

また水等をこぼしてしまった時はワックス面の白化の原因になるので、速やかにふき取り、水気を完全になくすようにしましょう。




2016年09月21日 [ハウスクリーニング]
最近のフローリング床はワックス不要タイプが増えてきていますが、依然としてワックスを塗布されているお宅が多いです。
お住まいの環境にもよりますが、毎年ないしは半年おきに定期的に塗布されるお宅、床の状態を見ながら不定期に塗布されるお宅など様々のようですが、ワックスの表面は歩行等により摩耗してきます。
家の中や室内の歩行量の多い所は必然的に摩耗が激しくなるため、その部分だけ既存のワックスが無くなってきてしまい、他の部分との色や輝きの差が出て、美観的によろしくない状態になってしまいます。。
また既存のワックスに汚れが混入したり、ワックスの重ね塗りを繰り返す度に汚れが混合し、黒くくすんだ色合いになってしまったりします。
その様な場合は「剥離」という作業が必要となります。
既存のワックスを全て取り除き、床をスッピンの状態に戻す作業です。
「剥離」はフローリングの床の場合、床に与えるダメージは少なくありませんので、余程の状態にならない限り必要ありませんが、4,5年に1度ぐらいでご検討されると良いかと思います。
もちろん直接、私共がお伺いして「剥離」か必要か否かを判断させていただきますので、是非御相談下さい!

このページの先頭に戻る