レンジフードのお手入れ - ケイズ・クリーン・サービスのブログ

ケイズ・クリーン・サービス
ハウスクリーニング・エアコンクリーニング
2016年06月08日 [ハウスクリーニング]

レンジフードのお手入れ

レンジフード(換気扇)のクリーニングでお伺いした際、クリーニング後、お客様によく尋ねられるのが「使い捨てのレンジフードフィルター」は付けた方が良いか?
確かに厳密に言えば、吸引力(排気率)は下がるでしょうかと思われますが、それは使用に影響が出る程の差ではないので私はお客様にお勧めしています。

「使い捨てのレンジフィルター」を装着することにより、レンジフード内部への油の侵入をカットできることで、内側の汚れを抑えられるので、普段のお手入れは外側だけの拭き掃除で済みます。内側は手で触れてみて、べたつくようでしたら中性洗剤で拭く程度で充分です。

またレンジフードの分解クリーニングでもモーター本体や排気口等の可動部分の繊細な箇所に入り込んだ油汚れに関しては、完全除去は不可能なのが実状です。。
それらの箇所に回ってしまった(入り込んでしまった)油は年数経過とともに固くこびり付き、機能低下になることは元より、不具合の原因やレンジフード自体の寿命を縮める原因にもなりかねません。
とは言え、内部に侵入する油を完全にカット出来るわけではないですが、お掃除屋さんに専門清掃を頼むスパンは確実に伸びて、経済的にも〇でしょう(^^♪

「使い捨てフィルター」は高価(高いものだと20枚1万円近く。。)なものから百円均一で売っているものまで様々ですが、百均のモノで充分です!
ただしフィルターの表面がうっすらと汚れて来たら、すぐに交換をしましょう〜
フィルターが汚れた状態(フィルターが目詰まりした状態)でご使用されていると排気がされず、お部屋の中に油が回ってしまうのでご注意を!
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る