設置場所によるエアコンの汚れ - ケイズ・クリーン・サービスのブログ

ケイズ・クリーン・サービス
ハウスクリーニング・エアコンクリーニング
2016年06月05日 [ハウスクリーニング]

設置場所によるエアコンの汚れ

本日、一戸建てのお客様宅でエアコンクリーニング5台(うち1台はお掃除機能付き)の施工をさせて頂きました。
ありがとうございました!

5台のエアコンの設置場所がリビング1台、ダイニングキッチン1台、寝室に3台というものでした。
3年以上エアコンクリーニングはされていないとのことでしたが、年数の割には汚れは酷くありませんでした。
設置場所による汚れ方があまりに顕著に違ったため、ここでお話しさせていただきます。
(お客様にも大変説明しやすかったです(笑))

まずは寝室のエアコン。
使用頻度の高い順にカビ、埃ともに多いです。特に普段あまり換気をすることが少ない部屋はカビも発生しやすくなってしまいます。
リビングのエアコン。
こちらは最も使用頻度が高く、人の出入りも激しいので1番汚れやすいですね。
外から持ち帰ってしまう衣服に付いた埃等の汚れやカビを含む雑菌。。
本日は一戸建てのお宅だったため、通気が良いのでカビは少なめでしたが、密閉性の高いマンション等は意識して換気をされていないと、カビの発生は避けられません。
そして最後にダイニングキッチンのエアコン。
レンジフードが近くにあるとはいえ、お料理をしながらお使いになっていれば、必ず油を含んだ空気をエアコンは吸いこんでいます。
こちらのエアコンは見事に(?)油汚れでベタついてしまっていました(汗)
このまま使われていると埃も吸着されやすくなり、アルミフィン(空気の取り入れ口部分)も目詰まりしてきて、熱交換機能の低い電気代ばかりかかるエアコンになってしまいます。。

以前にも説明させて頂きましたが、設置場所によってエアコンクリーニングをするベターなタイミングは異なります。
特にキッチンの近くにあるエアコンの場合、使用頻度が高いようでしたら1年に1度はクリーニングされることをお勧めいたします。
上手にエアコンクリーニングをご利用されることにより、エアコン本体への負荷も軽減され、寿命も延びることになります。
一度お宅のエアコンの設置場所をお考えになり、上手に計画的にエアコンクリーニングをご利用ください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る